コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八十八夜 はちじゅうはちや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八十八夜
はちじゅうはちや

立春から数えて 88日目で,現行暦では5月2日頃にあたる。八十八夜を過ぎればもはや晩霜終りになるので,農家ではこれを種まき茶摘み,その他の農作業開始の基準としている。日本では明暦3 (1657) 年の暦から記入されるようになった。雑節の一つである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

はちじゅうはち‐や〔ハチジフハチ‐〕【八十八夜】

雑節の一。立春から88日目で、5月2日ごろにあたる。このころから農家は種まき・茶摘み・養蚕などに忙しい時期となる。 春》「霜なくて曇る―かな/子規

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

八十八夜【はちじゅうはちや】

雑節の一つ。立春から88日目の日。現行暦で5月2,3日。この日以後は晩があまり起こらず,〈八十八夜の別れ霜〉などという。農家では稲の種まきなどを始め,茶摘みも盛んに行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本文化いろは事典の解説

八十八夜

立春から数えて88日目の、5月1日〜3日頃を八十八夜〔はちじゅうはちや〕と言います。「夏も近づく八十八夜〜♪」の歌にもあるように、春から夏に移る節目の日です。霜もなく安定した気候で、農作物の種まきに最良の時期です。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はちじゅうはちや【八十八夜】

立春から数えて88日目をいう。太陽暦では5月2日ごろ。〈八十八夜の別れ霜〉などといわれ,この日を目安にして田の苗代を作ったり,畑作物の種まきや野菜の移植をするという所は多い。茶摘みの適期でもある。また漁の目安とする所もあり,瀬戸内では俗に魚島時(うおじまどき)といわれるほど豊漁のつづくころといわれるし,種子島屋久島ではトビウオ漁開始の時期とされていた。この日が全国各地で農事などの目安にされているとはいえ,東日本では実際の終霜日がそれより遅い所は少なくなく,伝承どおりに八十八夜を基準にして実作業を行っているとは必ずしもいえない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

はちじゅうはちや【八十八夜】

雑節の一。立春から88日目の日。現行の太陽暦では5月2日頃で、野良仕事・茶摘み・養蚕などで農家は忙しい。 [季] 春。
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八十八夜
はちじゅうはちや

暦の雑節の一つ。立春から数えて88日目をいい、太陽暦の5月2日ごろにあたる。俗説によると、渋川(しぶかわ)(保井(やすい))春海(はるみ)が貞享(じょうきょう)改暦で暦に載せることにしたといわれているが、1656年(明暦2)以来の伊勢(いせ)暦にすでに記載されている。太陽暦の5月2日ごろといえば、あと数日で暦のうえでは立夏であるが、「八十八夜のわかれ霜」というように、霜の降りることもあり、新芽を出した農作物に大きな被害を与えることがあるところから、農家に注意を促すため暦に記載されるものである。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の八十八夜の言及

【特異日】より

…日本では,もとはこれを異常日といった。日本でも古くから寒の戻り,八十八夜(5月2~3日ころ)の別れ霜など,このような日があることは気づかれていた。表にあげたものは,おもな特異日の例である。…

※「八十八夜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八十八夜の関連キーワード七花八裂緑茶の日天気俚諺村越化石脚立釣り名残の霜放射冷却野良仕事天野 滋茶摘歌田の神特異日舳倉島種蒔き忘れ霜絵暦魚島粥占初昔夏至

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八十八夜の関連情報