コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上鬼城 むらかみ きじょう

百科事典マイペディアの解説

村上鬼城【むらかみきじょう】

俳人。本名荘太郎。鳥取藩の江戸藩邸で生まれた。正岡子規文通による指導を得,のち大正期に高浜虚子らに力量を認められ,飯田蛇笏前田普羅らとともに大正期の《ホトトギス》をささえた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上鬼城 むらかみ-きじょう

1865-1938 明治-昭和時代前期の俳人。
慶応元年5月17日生まれ。群馬県高崎区裁判所の代書人となる。「ホトトギス」に投句して高浜虚子に激励され,大正6年大須賀乙字(おつじ)編「鬼城句集」により俳名をあげた。難聴にくるしみ,不遇の生活を境涯句として表現した。昭和13年9月17日死去。74歳。江戸出身。旧姓は小原。本名は荘太郎。
格言など】生きかはり死にかはりして打つ田かな

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらかみきじょう【村上鬼城】

1865~1938) 俳人。江戸の人。本名、荘太郎。「ホトトギス」初期から俳句・写生文を寄せ、のち虚子派に重きをなした。人生への諦念と貧窮生活のにじみ出た写生句を特徴とする。著「鬼城句集」「鬼城俳句俳論集」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村上鬼城
むらかみきじょう

[生]慶応1(1865).5.17. 江戸
[没]1938.9.17. 高崎
俳人。本名,荘太郎。 1884年明治義塾法律学校に入学したが耳疾のため中退。 95年正岡子規と文通,1913年高浜虚子に認められ,やがて大正期の『ホトトギス』で活躍。句集『鬼城句集』 (1917,25) ,『定本鬼城句集』 (40) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村上鬼城
むらかみきじょう
(1865―1938)

俳人。江戸に生まれ、幼時高崎に移る。本名荘(しょう)太郎。11歳で母方の養嗣子(ようしし)となる。若くして耳疾を患い、ために軍人、司法官を志して果たさず、父の職を継いで高崎裁判所の代書人となった。『ホトトギス』の初期より投句し正岡子規(しき)の指導を受け、次いで高浜虚子(きょし)に就く。『ホトトギス』の有力作者となったが、耳疾のため裁判所を辞めさせられ、多くの子女を抱えて貧困と不遇の生活に甘んじ、動物に哀憐の目を注いだ独特の境涯句は大須賀乙字(おおすがおつじ)の激賞を受け、乙字編『鬼城句集』(1917)により一躍俳名があがった。その後愛知県発行の俳誌『山鳩(やまばと)』の選者に迎えられ、浅井啼魚(ていぎょ)らの尽力で大阪に鬼城会も発足し、生活もしだいに安定した。句集には前記と同名の『鬼城句集』(1926)、『続鬼城句集』(1933)のほか、『鬼城俳句俳論集』(1947)などがある。[村山古郷]
 治聾酒(じろうしゅ)の酔ふほどもなくさめにけり
『『村上鬼城全集』全3巻(1974・あさを社) ▽中里昌之著『村上鬼城の基礎的研究』(1985・桜楓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

村上鬼城の関連キーワードホトトギス(俳句雑誌)群馬県高崎市並榎町仙人掌・覇王樹年の市・歳の市俳句(文学)飛蝗・蝗虫円座・円坐村上 鬼城5月17日一八・鳶尾村上成之加藤楸邨牛蒡引く写生文原石鼎治聾酒霜除け秋高し冬羽織蕎麦湯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android