榛名(読み)はるな

日本大百科全書(ニッポニカ)「榛名」の解説

榛名
はるな

群馬県中西部、群馬郡にあった旧町名(榛名町(まち))。現在は高崎市(たかさきし)域北西部の中央を占める地域。1955年(昭和30)室田(むろた)町と里見村が合併して榛名町と改称、同年久留馬(くるま)村を編入。2006年(平成18)高崎市に編入。旧町域は榛名山南斜面および烏(からす)川の南岸にまたがり、国道406号が通じ、近くにJR北陸新幹線安中(あんなか)榛名駅がある。旧町の中心集落の下室田(しもむろた)は江戸時代の信州街道の要地。かつては養蚕が盛んであったが、現在は酪農、養豚が行われ、ウメ、モモなど果樹栽培も盛んである。なかでも里見ナシといわれるナシ栽培は里見・久留馬地区がとくに優れ、県下第一の生産地。榛名神社の矢立(やたて)スギは国指定の天然記念物。北端の榛名湖は周囲が県立榛名公園になっていて、四季を通じて観光客でにぎわう。また、長谷寺(ちょうこくじ)は坂東(ばんどう)三十三所霊場の一つで、白岩観音(しらいわかんのん)として知られる。

[村木定雄]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「榛名」の解説

榛名
はるな

群馬県中南部,高崎市中部の旧町域。榛名山の南斜面から烏川の中流域を占める。 1955年室田町と里見村が合併して榛名町が発足。同年久留馬村を編入。 2006年高崎市に編入。中心集落の下室田は烏川左岸に位置し,古くから信州へ通じる街道の宿場町として繁栄。烏川の流域は水田地帯で山麓には果樹園が広がり,ナシ,ウメが栽培される。山麓の榛名神社 (本社などが国指定重要文化財) にはスギの巨木,奇岩が多く,矢立スギは国の天然記念物。一帯榛名県立公園に属する。

榛名
はるな

金剛型戦艦」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android