コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲庭饂飩 イナニワウドン

2件 の用語解説(稲庭饂飩の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いなにわ‐うどん〔いなには‐〕【稲庭××飩】

秋田県特産のうどん。生地を綯(な)い、乾燥させて作る。麺は平たく、のどごしがよい。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

いなにわうどん【稲庭饂飩】


秋田名産の手延べで作る細くて平たいうどん。一般的に手延べうどんは生地を引きのばす工程を表面に植物油をぬって行うが、稲庭うどんは油を使用せず打ち粉にでんぷんを用いる。『稲庭古今事蹟誌』によると寛文年間(1661~1673)以前に稲庭村(現湯沢市稲庭町)の佐藤市兵衛により作られたのがはじまり。

出典|講談社
日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone