コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲田邦植 いなだ・くにたね

1件 の用語解説(稲田邦植の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

稲田邦植

没年:昭和6.5.26(1931)
生年:安政2.11.18(1855.12.26)
北海道静内町の開拓功労者。植誠の子。九郎兵衛と称す。徳島藩の家老で淡路洲本城城代だったが,独自に戊辰戦争に参加したため,本藩と対立。明治3(1870)年徳島藩より淡路を分離独立させようとして,徳島藩士との抗争が激化した(稲田騒動)。明治政府より北海道静内郡の支配を命じられ,翌4年一部の家臣とその家族を率いて入植。この入植は第1陣が荷物を火事で失い,第2陣が和歌山沖で海難にあうなど非常な困難に直面したが,自ら家族を呼び寄せて定住の姿勢を示し,教育所の開設などにより開拓を軌道に乗せた。明治28年引退して徳島県に戻った。<参考文献>淡路稲田会『庚午事変とその前後』,「淡路島から静内へ―稲田邦植―」(『開拓の群像』上,北海道〈庁〉)

(長谷川伸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲田邦植の関連キーワード開拓使伊藤広幾稲田邦稙オニビシの姉白川伊右衛門鈴木九郎高倉新一郎林顕三松川弁之助吉田十四雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone