コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開拓使 かいたくし

6件 の用語解説(開拓使の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開拓使
かいたくし

明治の初期,北海道の開拓経営のためにおかれた行政機関。明治2 (1869) 年設置,1882年廃止。短期間ではあったが北海道発展の基礎を固めるうえで大きな役割を果した。ことに明治3年に次官に就任,74年に第3代長官となった黒田清隆の功績は大きく,彼の「樺太放棄論」および「北海道経営 10ヵ年計画」の2つの建議は,その後の北海道の方向を定めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かいたく‐し【開拓使】

明治2年(1869)、北海道・サハリン(樺太)の開拓のために設けられた機関。米国人ケプロンほか多数の外国人の指導で各種の開発事業を行った。明治15年(1882)廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

開拓使【かいたくし】

1869年に設置された北海道開発のための官庁。太政官に属した。1870年樺太開拓使が独立,以後北海道開拓使といったが,1871年再び統合されて開拓使となった。1870年開拓次官となった黒田清隆が実権を握り,薩摩閥の独占する官庁であった。
→関連項目榎本武揚咸臨丸釧路国札幌農学校屯田兵箱館会所北海道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいたくし【開拓使】

明治初期の太政官に属する一官庁で,北海道(初期には樺太を含む)の開拓を任務とした。1869年(明治2)7月版籍奉還後の官制改革によって設置され,82年2月に廃止された。この間1870年2月に樺太開拓使を分置し,開拓使も北海道開拓使と称したが,廃藩置県後の71年8月再び統合して開拓使となった。版籍奉還後,ただちに開拓使が設置されたのは,日露雑居の地樺太をめぐってロシアとの関係が緊張し,北方の開拓が急務とされたからであり,開拓によって国富を増進できるのではないかという期待もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かいたくし【開拓使】

北海道の開拓にあたった明治前期の行政機関。1869年(明治2)創設、82年廃止。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開拓使
かいたくし

北海道、樺太(からふと)(サハリン)などの開拓のために設けられた明治初年の官庁。1869年(明治2)7月、版籍奉還直後の官制改革によって設置、1870年2月には樺太開拓使を分置し北海道開拓使と称したが、1871年8月にはふたたび開拓使となった。1875年の樺太・千島交換条約により樺太を管轄から除き、得撫(ウルップ)島以北の千島列島を管轄に加えた。鍋島直正(なべしまなおまさ)、ついで東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)が開拓長官となったが、1870年5月に黒田清隆(きよたか)が開拓次官となり実質的中心となった。黒田は1874年8月開拓長官となり、開拓使の上級官僚に薩摩(さつま)藩出身者を集めたので、薩閥の温床とみられるようになった。
 1872年以降の10年間に2000万円以上の経費を投じ、アメリカから招いたケプロン以下の顧問団の助言を得て、札幌本府を開き、道路、鉄道を建設し、炭鉱を開き、屯田兵(とんでんへい)以下の移住民を送り、またビール、砂糖、亜麻(あま)、木材、漁具、農具など各種の製造工場をつくった。またクラークを招いて札幌農学校を開き各地に官園(試験場)を設けるなど、開拓官僚、技術者の養成と洋式農法、品種の導入に努めたが、まだ試験的な性格が強く、諸事業は札幌周辺に偏っていた。開拓使官有物払下げ事件の翌1882年2月廃止されて、函館(はこだて)、札幌、根室の3県に分割され、官営諸事業の多くは1883年に置かれた農商務省北海道事業管理局に移管された。1886年ふたたび北海道庁に統一された。[永井秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開拓使の関連キーワード右大臣樺太開拓使太政官議官七官太政官庁太政官牒太政官布告文部卿三局

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開拓使の関連情報