稲田(読み)いなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲田
いなだ

茨城県中部,笠間市西部の旧町域。 1954年町制施行。 1958年笠間町に編入し同年笠間市となった。「稲田御影」で知られる花崗岩を産し,建築用材,墓石などを量産。石切山脈の称もある。浄土真宗発祥地として著名な西念寺は,親鸞上人の旧跡笠間県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いなだ【稲田】

稲を栽培する田。稲の実った田。 [季] 秋。

いなだ【稲田】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲田
いなだ

茨城県笠間(かさま)市西部の一地区。旧稲田町。JR水戸線稲田駅があり、国道50号が通じる。鎌倉時代に領主の招きで移った親鸞(しんらん)が浄土真宗を開いた西念(さいねん)寺がある。江戸時代は越中(えっちゅう)(富山県)から多くの信徒が入植した。明治時代以後は、稲田石とよばれる花崗(かこう)岩石材の大産地となる。笠間西工業団地がある。[櫻井明俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲田の関連情報