稲葉京子(読み)いなば きょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉京子 いなば-きょうこ

1933- 昭和後期-平成時代の歌人。
昭和8年6月1日生まれ。大野誠夫(のぶお)に師事し,「砂廊」(のち「作風」と改題)にはいり,「中部短歌」にもくわわる。昭和35年「小さき宴」で角川短歌賞。46年「あしかび」創刊に参加。57年「の傘」で現代短歌女流賞。平成2年「白蛍」で短歌研究賞。繊細な感覚にささえられた上品な歌がおおい。愛知県出身。尾北高卒。本名は大竹京子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android