異本(読み)いほん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異本
いほん

流布本に対して,それと同一の書であるが,多少文字や語句に相違するところがある伝本。異本の成立は『源氏物語』などの場合は書写の過程で生じたものであるが,劇作品の場合は作者の自筆原稿,上演用台本,舞台事情による改作のほか,剽窃 (ひょうせつ) 版などの存在がある。異本の比較対照はテキスト・クリティクの重要な部分をなす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いほん【異本】

元来同一の書物であるが、伝写などの事情によって、文字や組織において多少異なりを生じている本。異書。
特に、流布本に対して、特殊な伝本の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

異本

印刷作業の途中で訂正が行われたために発生する,同一版にもかかわらず本文の異なる本.異刷ともいう.ヨーロッパにおける活版印刷の初期には,印刷作業は校正作業と並行して行われ,間違いが見付かれば印刷作業を一時止めて訂正を行い,再び印刷を再開したため,異本が生じる.写本の場合は,同一の本文を持つ本はすべて異本となる.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

い‐ほん【異本】

〘名〙
① 一風変わったところのある書籍。また、珍しい本。珍本。
※島崎金次郎宛大田南畝書簡‐享和元年(1801)四月二八日「とかく異本有之候はよろしく、塙検校の古語候も存出し申候」 〔南史‐王僧孺伝〕
② 元来同一の書物ではあるが、伝来が異なるために、流布本(るふぼん)との間に文字や文句に違った部分のある本。一本。別本。
※応永本論語抄(1420)学而「如此伝々するほどに、章の落たる事もあり。文の前後する事もあり。是に依て異本多くでくる也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異本の関連情報