コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空き缶条例 アキカンジョウレイ

デジタル大辞泉の解説

あきかん‐じょうれい〔あきクワンデウレイ〕【空き缶条例】

道路や観光地などに散乱する空き缶による公害を追放するための条例案。昭和48年(1973)東京都の町田・三鷹の両市が、メーカーに空き缶回収を義務づける条例を制定したのが最初。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android