三鷹(読み)みたか

精選版 日本国語大辞典「三鷹」の解説

みたか【三鷹】

(江戸時代、代々将軍鷹場があり、御鷹場村と呼ばれていたことに由来) 東京都中央部の地名杉並区世田谷区西部に接する。明暦の大火以後、新田開発による町づくりが行なわれた。住宅地のほか自動車機械工業立地井の頭公園国際基督教大学がある。昭和二五年(一九五〇市制

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「三鷹」の解説

みたか【三鷹】

東京都中部の市。江戸時代は将軍の鷹狩場があった。国際基督教大学国立天文台があり、北の武蔵野市にまたがって井の頭公園がある。人口18.6万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android