コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空く/虚く ウツク

デジタル大辞泉の解説

うつ・く【空く/虚く】

[動カ下二]うつける」の文語形

す・く【空く】

[動カ五(四)]《「透く」と同語源》
ある空間を満たしていた人や物が少なくなって、あきができる。まばらになる。減る。「がらがらに―・いた電車」「道路が―・く」
空腹になる。「腹が―・く」
(「胸がすく」などの形で)つかえていたものがなくなり、すっとする。心がはれる。「胸の―・く思い」
(「がすく」の形で)当面することがなく、ひまができる。ひまになる。「手が―・いたら手伝ってくれ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

すく【空く】

( 動五[四] )
〔「透く」と同源〕
多数の人の集まる場所に、人の数が少なくなる。 ↔ こむ 「雨の日のデパートは-・いている」 「この電車は京都で-・くだろう」
空腹になる。 「腹が-・く」 「おなかが-・いた」
(心理的に)つかえていたものがなくなる。心がはれる。 「胸が-・く」
(「手がすく」の形で)する仕事がなくなる。ひまになる。 「誰か手が-・いたら、こっちを手伝ってくれ」
[表記] すく(空・透)
「空く」は“あきができる。腹がへる”の意。「館内が空いている」「手が空く」「おなかが空いた」  「透く」は“すき間ができる。すけて見える”の意。「歯の間が透く」「底が透いて見える」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空く/虚くの関連キーワード倶利迦羅竜王・俱利迦羅竜王先天性肥厚性幽門狭窄症臈次・﨟次・臘次互替わり・互替りホワイトスペース蹴上がり・蹴上り相撲協会の解雇ハン ヒョジュパク ヘジン1本満足バー和ふ・甘なふ小腹が減る泳ぐ・游ぐ一心三観般若心経重金属類十二門論無・无末那識総当り

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android