コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明く/開く/空く アク

デジタル大辞泉の解説

あ・く【明く/開く/空く】

[動カ五(四)]
(開く)
㋐隔て・仕切り・覆いなどが、動かされて除かれる。閉じていたものがひらく。「窓が―・く」「鍵(かぎ)が―・かない」⇔閉まる
㋑営業が始まる。営業が行われる。「店は何時まで―・いていますか」⇔閉まる
㋒開票がはじまる。「票が―・く」
(明く)
㋐衣服の襟などが、ひらかれている。「この服は襟ぐりが―・きすぎている」
㋑閉じていた目や口がひらいた状態になる。「小犬の目が―・く」
㋒物忌みや契約などの、一定の期間が終わる。「喪が―・く」「年季が―・く」
(空く)今までそこを占めていたもの、ふさいでいたものが、除かれたり、なくなったりする。
㋐穴ができる。「胃壁に穴が―・く」
㋑そこにいた者やあった物がなくなり、からになる。「―・いている部屋はありますか」「席が―・く」
㋒空間・空白・余地ができる。間隔が広がる。「行間が―・いている」
㋓器の中のものが全部使われてからになる。「瓶が―・く」「―・いた銚子をかたづける」
㋔仕事が終わり、暇になってゆとりができる。「からだが―・く」「手が―・く」
㋕用が済んで、当面使わなくなる。「―・いたら貸してください」
㋖欠員になる。「課長のポストが―・く」
(開く)あける。「口を―・く」
[補説]2㋑は「開く」、3は「明く」とも書く。
[動カ下二]あける」の文語形。
[下接句]穴のあくほど片目が明く地獄の釜(かま)の蓋(ふた)も開く手が空く手が空けば口が開く幕が開く水が空く埒(らち)が明く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

明く/開く/空くの関連キーワードアンリ・ド レニエ悲しき時は身一つ名乗る・名告る俱利伽羅峠の戦川上(狂言)年季が明ける富岡多恵子岩橋・石橋いなのめの藤原道綱母藤井 貢与謝蕪村数多返り送り仮名其れのみ寺村百池三石 巌煙となすなれども然りとも

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android