コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減る ヘル

4件 の用語解説(減るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へ・る【減る】

[動ラ五(四)]
数・量・程度などが少なくなる。とぼしくなる。「収入が―・る」「水かさが―・る」⇔増える増す
すりへる。摩耗する。「タイヤが―・る」「靴が―・る」
(「腹が減る」の形で)空腹である。「腹が―・っては戦(いくさ)はできぬ」
(打消しの語を伴って用いる)気おくれする。ひるむ。臆する。「口の―・らない若僧だ」
「祐慶は少しも―・らず」〈盛衰記・五〉

め・る【減る】

[動ラ四]
へる。少なくなる。
「地ガ―・ッタ」〈日葡
衰える。弱る。めいる。
「過言申す者は必ず奢り易く―・り易し」〈甲陽軍鑑・三〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

へる【減る】

( 動五[四] )
数・量や程度が少なくなる。減少する。 ↔ 増える増す 「人口が半分に-・った」 「おけの水が-・る」 「口の-・らないやつだ」 「爆発の危険は-・った」
空腹になる。 「腹が-・ってはいくさができぬ」
(打ち消しの語を伴って)ひるむ。臆する。 「祐慶は少も-・らず、鎧の胸板きらめかし/盛衰記 5

める【減る】

( 動四 )
へる。少なくなる。低下する。 「地ガ-・ッタ/日葡」
衰える。弱くなる。 「過言申す者は必ず奢り易く、-・りやすし/甲陽軍鑑 品三〇
日本音楽で、音高を標準よりも低めにする。多くは管楽器、特に尺八でいう。 ↔ かる

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

減るの関連キーワード加わる筋張る哮る鳴る低まる増さる結ばる弱まる吹入る沸き起る

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

減るの関連情報