コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減る ヘル

4件 の用語解説(減るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

へ・る【減る】

[動ラ五(四)]
数・量・程度などが少なくなる。とぼしくなる。「収入が―・る」「水かさが―・る」⇔増える増す
すりへる。摩耗する。「タイヤが―・る」「靴が―・る」
(「腹が減る」の形で)空腹である。「腹が―・っては戦(いくさ)はできぬ」
(打消しの語を伴って用いる)気おくれする。ひるむ。臆する。「口の―・らない若僧だ」
「祐慶は少しも―・らず」〈盛衰記・五〉

め・る【減る】

[動ラ四]
へる。少なくなる。
「地ガ―・ッタ」〈日葡
衰える。弱る。めいる。
「過言申す者は必ず奢り易く―・り易し」〈甲陽軍鑑・三〇〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へる【減る】

( 動五[四] )
数・量や程度が少なくなる。減少する。 ↔ 増える増す 「人口が半分に-・った」 「おけの水が-・る」 「口の-・らないやつだ」 「爆発の危険は-・った」
空腹になる。 「腹が-・ってはいくさができぬ」
(打ち消しの語を伴って)ひるむ。臆する。 「祐慶は少も-・らず、鎧の胸板きらめかし/盛衰記 5

める【減る】

( 動四 )
へる。少なくなる。低下する。 「地ガ-・ッタ/日葡」
衰える。弱くなる。 「過言申す者は必ず奢り易く、-・りやすし/甲陽軍鑑 品三〇
日本音楽で、音高を標準よりも低めにする。多くは管楽器、特に尺八でいう。 ↔ かる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

減るの関連情報