コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

減る ヘル

デジタル大辞泉の解説

へ・る【減る】

[動ラ五(四)]
数・量・程度などが少なくなる。とぼしくなる。「収入が―・る」「水かさが―・る」⇔増える増す
すりへる。摩耗する。「タイヤが―・る」「靴が―・る」
(「腹が減る」の形で)空腹である。「腹が―・っては戦(いくさ)はできぬ」
(打消しの語を伴って用いる)気おくれする。ひるむ。臆する。「口の―・らない若僧だ」
「祐慶は少しも―・らず」〈盛衰記・五〉

め・る【減る】

[動ラ四]
へる。少なくなる。
「地ガ―・ッタ」〈日葡
衰える。弱る。めいる。
「過言申す者は必ず奢り易く―・り易し」〈甲陽軍鑑・三〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へる【減る】

( 動五[四] )
数・量や程度が少なくなる。減少する。 ↔ 増える増す 「人口が半分に-・った」 「おけの水が-・る」 「口の-・らないやつだ」 「爆発の危険は-・った」
空腹になる。 「腹が-・ってはいくさができぬ」
(打ち消しの語を伴って)ひるむ。臆する。 「祐慶は少も-・らず、鎧の胸板きらめかし/盛衰記 5

める【減る】

( 動四 )
へる。少なくなる。低下する。 「地ガ-・ッタ/日葡」
衰える。弱くなる。 「過言申す者は必ず奢り易く、-・りやすし/甲陽軍鑑 品三〇
日本音楽で、音高を標準よりも低めにする。多くは管楽器、特に尺八でいう。 ↔ かる

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

減るの関連キーワード搗き減り・舂き減り練り減り・練減り小腹が空く摩耗・磨耗減り・耗りがた減り大漁貧乏気が減る搗き減り欠が立つ不増不減腹が空く片減り掛減り管楽器打消し高下駄穀減り桁落ち減産

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

減るの関連情報