コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空中三角測量 くうちゅうさんかくそくりょうaerotriangulation; aerial triangulation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空中三角測量
くうちゅうさんかくそくりょう
aerotriangulation; aerial triangulation

空中写真を使って写真上の点の座標を決めるための写真測量航空写真を使って行う場合を航空三角測量ともいう。1対の空中写真を標定するためには,そのモデル内に最小限3点の標定点 (平面位置,高さの決定している点でパスポイントという) が必要である。通常に1コースで地上の測量で定めた数個基準点に基づいて,コース内の写真を次々と接続標定してつないでいけば各モデルに必要なパスポイントを設けることができる。この方法には機械法と図解法の2つの方法がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

空中三角測量の関連キーワード対空標識

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android