コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空中写真 くうちゅうしゃしん aerial photograph

6件 の用語解説(空中写真の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空中写真
くうちゅうしゃしん
aerial photograph

空中のある一点である気球,人工衛星航空機などから地表面に向け撮影した写真の総称。航空機から撮影した空中写真は区別して航空写真ともいう。測量用航空カメラによって一定の重複度で連続的に撮影された実体視のできる写真では,内部定位 (写真面に対する撮影中心の相対位置) がはっきり与えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くうちゅう‐しゃしん【空中写真】

航空写真

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

空中写真【くうちゅうしゃしん】

航空機などにより空中から地表あるいは地上の物体を写した写真。目的により二つに大別される。一つは地図を作るためのもので(写真測量),主として航空写真を用いる。立体視の原理を応用し,図化機やコンピューターを用いて地上の平面位置と高さを測定する実体写真測量,写真をそのまま地図の代用とするフォトマップなどがある。
→関連項目地形分類図

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くうちゅうしゃしん【空中写真 aerial photograph】

空中の1点から地表あるいはその他の物体を撮影した写真。撮影に航空機を用いたものは航空写真と呼ばれることも多い。上方からの撮影でも,山頂などの,地上から写したものは地上写真と呼ばれる。
[種類]
 空中写真は撮影角度,カメラの性質,プリントの方法,感光材料の性質などにより次のように分類される。(1)撮影角度による分類(図1) (a)斜め写真 カメラの傾斜角(レンズの軸と鉛直線のなす角)が5度以上の写真で,画面に水平線の写らない低角度斜め写真と,水平線の写る高角度斜め写真などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

くうちゅうしゃしん【空中写真】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空中写真
くうちゅうしゃしん
aerial photograph

空中から地上を撮影した写真。航空機から撮影した航空写真がほとんどだが、ドローン(無人航空機)による撮影も増えている。日本では国土地理院をはじめ、各種の官民団体や個人により自由に空中写真が撮影され、公開・市販されている。[尾崎幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の空中写真の言及

【ナダール】より

…ナダールのポートレート(肖像写真)は,単純な背景の中に全身の4分の3をストレートなライティングで写したものであるが,それは単なる人物の性格描写をこえ,これら芸術家自身の表現世界の広がりさえ感じさせるものであった。また58年には気球に乗り,世界最初の空中写真の撮影を試みたり,61年には3ヵ月をかけてパリの地下に発見されたカタコンベ(地下納骨堂)の撮影を,当時ようやく開発されたアーク灯による人工照明で撮影している。ナダールの波瀾に富んだ経歴はJ.ベルヌの《月世界旅行》の主人公のモデルとしても反映されているといわれる。…

※「空中写真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

空中写真の関連キーワード運動の法則空中窒素固定不可逆変化放射能探査外呼吸光沢その他の事業体農協・その他の農業団体夜間放射起運

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

空中写真の関連情報