空気精紡機(読み)くうきせいぼうき(英語表記)air spinning frame; open end spinning frame

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空気精紡機
くうきせいぼうき
air spinning frame; open end spinning frame

よりを掛けて糸をつくる工程で用いる。粗糸を空気ボックスに送り,空気の渦巻の流れを使ってよりを掛ける仕組みの精紡機械。オープンエンド精紡機とも称され,従来使用されているリング精紡機と比べ能率が高いが,よられる糸は太番手のものに限られているほか糸の強度が小さいのが難点とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の空気精紡機の言及

【紡績機械】より

…撚りをかけながら糸を伸ばすので,撚りのかかりにくい太い部分が伸長して均一になる。一方,図のgのようにスライバーの先端から繊維を解放して加撚部に移動させ,ここで空気渦流,ローターなどにより撚りをかける空気精紡機(オープンエンド方式)もある。ドラフトおよび生産速度は非常に大きい。…

※「空気精紡機」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android