コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空目 ソラメ

デジタル大辞泉の解説

そら‐め【空目】

[名](スル)
実際にはないものが見えたような気がすること。「見たと思ったが、空目だったのかも知れない」
ひとみを上にあげて見ること。うわめ。
「もんは安心してよこになり、―をして」〈犀星あにいもうと
見ていながら見ないふりをすること。
「―して死なせてたも」〈浄・会稽山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そらめ【空目】

見えないのに見たように思うこと。
見て見ないふりをすること。 「 -を使う」
ひとみを上に向けること。うわめ。 「羽織を畳みながら一寸余の顔を-で見る/大内旅宿 虚子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

空目の関連キーワード艦隊防空システム機関銃ひとみ使い

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空目の関連情報