コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空華 くうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空華
くうげ

仏教用語。空中に存在するとみられる。現象世界のすべての事象本来実体のないものであるが,それを正しく認識せず,あたかも実体をもって存在しているかのように考える誤りをたとえるのに用いる。すなわち,ある種の眼病にかかると,実際存在しない花が空中にあたかもあるかのように見えるという,その花のこと。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くう‐げ【空華/空花】

仏語。煩悩(ぼんのう)にとらわれた人が、本来実在しないものをあるかのように思ってそれにとらわれること。病みかすんだ目で虚空を見ると花があるように見えることにたとえたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くうげ【空華】

〘仏〙 〔目を病む人が空中にありもしない花を見ることから〕 迷える人が実体のないものを実体と見ることのたとえにいう。 「一翳いちえいまなこにある時は、-みだれおつ/沙石 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の空華の言及

【義堂周信】より

…南禅寺44世。号は空華(くうげ)。土佐(高知県)の人。…

※「空華」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

空華の関連キーワード西村九郎右衛門臥雲日件録石川 暮人斎藤 空華空華日工集鷹司兼煕智泉聖通愚渓浄慧愚渓右慧五山文学松島善譲儀山善来大島完来義堂周信鷹司兼熙惟高妙安高場乱漢文学スイカ仏語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空華の関連情報