コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空華 くうげ

3件 の用語解説(空華の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

空華
くうげ

仏教用語。空中に存在するとみられる花。現象世界のすべての事象は本来実体のないものであるが,それを正しく認識せず,あたかも実体をもって存在しているかのように考える誤りをたとえるのに用いる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くう‐げ【空華/空花】

仏語。煩悩(ぼんのう)にとらわれた人が、本来実在しないものをあるかのように思ってそれにとらわれること。病みかすんだ目で虚空を見ると花があるように見えることにたとえたもの。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くうげ【空華】

〘仏〙 〔目を病む人が空中にありもしない花を見ることから〕 迷える人が実体のないものを実体と見ることのたとえにいう。 「一翳いちえいまなこにある時は、-みだれおつ/沙石 7

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の空華の言及

【義堂周信】より

…南禅寺44世。号は空華(くうげ)。土佐(高知県)の人。…

※「空華」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

空華の関連情報