空間・明間(読み)あきま

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物と物との間のすきま。間隙。
※半井本保元(1220頃か)中「あき間を射られて死するは自業自得果、弓矢取る身の存る所也」
② 使用していない部屋。また、まだ借り手のはいっていない貸間や旅館の部屋。
※湯ケ原ゆき(1907)〈国木田独歩〉一「空室(アキマ)はいくらもない程の繁盛であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android