繁盛/繁昌(読み)ハンジョウ

デジタル大辞泉の解説

はん‐じょう〔‐ジヤウ〕【繁盛/繁×昌】

[名・形動](スル)にぎわい大いに栄えること。また、そのさま。はんせい。「店が―する」「商売―」
「どうか二三年の内に、世界中の―な港へおし渡って」〈魯文安愚楽鍋

はん‐せい【繁盛】

[名・形動](スル)はんじょう(繁盛)」に同じ。
「『ニウヨルク』なんど、―殊に勝れり」〈魯文西洋道中膝栗毛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はんせい【繁盛】

( 名 ・形動 ) スル [文] ナリ 
はんじょう(繁盛)」に同じ。 「各般の工事場、益々-なりけるが/西国立志編 正直」 「咽喉の地なり故に漸に-し/西洋道中膝栗毛 魯文

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android