コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空間放射線量率 クウカンホウシャセンリョウリツ

デジタル大辞泉の解説

くうかん‐ほうしゃせんりょうりつ〔‐ハウシヤセンリヤウリツ〕【空間放射線量率】

空間に存在する放射線単位時間あたりの量。サーベイメーターモニタリングポストによって測定される。単位はナノグレイ毎時(nGy/h)またはマイクロシーベルト毎時(μSv/h)。放射性物質漏出などの異常が発生していないか監視するために、原子力施設の周辺で常時測定されている。空間線量率

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

空間放射線量率の関連キーワード原子力緊急事態宣言モニタリング放射線量率空間放射線積算線量

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空間放射線量率の関連情報