漏出(読み)くきいず

精選版 日本国語大辞典「漏出」の解説

くき‐い・ず ‥いづ【漏出】

〘自ダ下二〙 もれて出る。
※古事記(712)上「次に御刀の手上(たがみ)に集まれる血、手俣(たなまた)より漏(クキ)出でて成れる神のは〈漏を訓みて久伎と云ふ〉」

もり‐い・ず ‥いづ【漏出】

〘自ダ下二〙 もれて出る。こぼれて、現われ出る。
※源氏(1001‐14頃)関屋「車十ばかりぞ袖くち、もののいろあひなどももりいでてみえたる」

ろう‐しゅつ【漏出】

〘名〙 もれでること。また、もらしだすこと。〔医語類聚(1872)〕 〔後漢書‐左雄伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「漏出」の解説

ろう‐しゅつ【漏出】

[名](スル)内部のものが漏れて出ること。また、漏らし出すこと。「ガスが漏出する」
[類語]漏れる漏るこぼれる滲出しんしゅつする漏洩ろうえい漏洩ろうせつ筒抜け・漏れ出る・漏らすリーク露見発覚ばらすばれる暴露暴くすっぱ抜くさらけ出す現れる・暴き出す・暴き立てる白日の下に晒す露呈発表公表披露公開露出裸出丸出しむき出しあらわあからさま露骨・漏れ出る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android