窪添慶吉(読み)くぼぞえ けいきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

窪添慶吉 くぼぞえ-けいきち

1859-1923 明治-大正時代の殖産家。
安政6年8月22日生まれ。高知県高岡郡上ノ加江(かみのかえ)村(中土佐町)の村長。宮崎県のブリ大敷網に着目し,同志をつのって明治31年加江崎沖に網2帳を敷設し,大漁獲をみる。年々事業は拡張され,日本有数のブリ漁場に発展した。大正12年8月10日死去。65歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android