かえ(読み)カエ

大辞林 第三版の解説

かえ

( 連語 )
〔終助詞「か」に間投助詞「え」の付いたもの〕
文末にあって、疑って相手に尋ねたり、確かめたりする気持ちを表す。 「もう出かけてしまった-」 「寒かない-/真景累ヶ淵 円朝」 〔近世以降、話しことばに用いられた語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かえの関連情報