コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かえ カエ

デジタル大辞泉の解説

か‐え

[連語]《終助詞「か」+間投助詞「え」》文末に付けて、確かめたり、疑いをもって問いかけたりする意を表す。
「出来た―」〈漱石吾輩は猫である

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かえ

( 連語 )
〔終助詞「か」に間投助詞「え」の付いたもの〕
文末にあって、疑って相手に尋ねたり、確かめたりする気持ちを表す。 「もう出かけてしまった-」 「寒かない-/真景累ヶ淵 円朝」 〔近世以降、話しことばに用いられた語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

かえの関連キーワード福岡県福岡市東区香住ヶ丘打ち交ひ・打ち違ひピエロ・リュネール狂瀾を既倒に廻らす宮彫り・宮彫妙法(3)真景累ヶ淵伊呂波紅葉返りごつ国を売る還り遊び唇を翻す孔雀の卵でっくり四本懸り大宮仕へメープル高島呑象GMO終助詞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かえの関連情報