コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中土佐町 なかとさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中土佐〔町〕
なかとさ

高知県中西部,土佐湾に面する町。 1957年久礼町と上ノ加江町が合体し中土佐町が発足。 2006年大野見村と合体。東部沿岸地域はリアス海岸をなし,西部は四万十川の上流域にあたり,標高 300~500mの山林が占める。良質のヒノキを産するほか,稲作が盛んに行なわれ,大野見米として古くから有名。中心集落の久礼は久礼湾に臨む良港で,古くからカツオ漁の基地として栄えた。木材の集散地でもある。南部の上ノ加江はかつてはブリの定置網漁業で繁栄したが,カツオ一本釣りなどの沿岸漁業に転じた。久礼八幡宮の大祭,久礼城跡,双名島で知られる。 JR土讃線,国道 56号線が通る。面積 193.28km2。人口 6840(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

中土佐町の関連キーワードダート・バンドプリンススカイラインALSID-1型民生エアサスペンションバス岸信介内閣テレビドラマ奈良(市)日活(株)日中関係北欧映画沖縄島

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中土佐町の関連情報