立っている者は親でも使え(読み)たっているものはおやでもつかえ

ことわざを知る辞典の解説

立っている者は親でも使え

人に何かしてもらう時は、すわっているに頼むより立っている者を使う方が手っ取り早い。忙しいときは、手の空いている者なら誰を使ってもよいというたとえ。また、立っている人に用事を頼むときに言い訳めかしていう。

[使用例] そりゃまたよくねえ、立ってるものはでも使えということがあるじゃねえか、おれだって何も兄貴をこき使って、くわ煙草で澄ましていようという不了見じゃねえが[中里介山大菩薩峠|1913~41]

[解説] 「親でも」は誰でもよいことを強調したもの。いまでは不精者の言い訳のように聞こえますが、かつての農業社会では意味合いが少し違っていました。しゃがんでを取ったり、すわって手作業をすることも多く、立ってを伸ばすことが休息にもなっていたから、むしろ忙しく働く者が立っている者に対して少しおどけて口にしたものと思われます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android