コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

休息 キュウソク

3件 の用語解説(休息の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐そく〔キウ‐〕【休息】

[名](スル)仕事などをやめて心身を休めること。くつろぐこと。「しばし休息する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうそく【休息】

古来,人間は,労働や運動の連続の過程で,途中に手待ちや息抜きをはさみ,仕事が終われば十分な睡眠をとり,連日の働きの後には仕事を休み,疲れをいやすくふうをしてきた。これは休息の自然の姿である。休息が早めにとれれば疲労は少なく回復は早く,遅くなれば疲労は大きく回復は遅れる。労働負担の大きさや,その持続する長さが等差級数的に増えれば,疲労の回復に必要な時間は等比級数的に増加するという。 動的な筋肉の緊張の繰り返されるエネルギーの消費の大きい労働や運動でも,同じ姿勢を持続しつつ行われるエネルギーの消費が比較的に小さい静的な筋肉の緊張の繰り返される労働の場合でも,休養の必要性は変わらない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゅうそく【休息】

( 名 ) スル
仕事や運動などをやめて休むこと。ゆったりした気分でくつろぐこと。 「しばらく-する」 「 -日」 → 休憩(補説欄)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

休息の関連キーワード根土社会過程生産手段進化心理学脱ガム連続反応系列ラプラスの継続の法則ラプラスの連続の法則連続の法則(流体力学)連続反応の法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

休息の関連情報