兄貴(読み)アニキ

デジタル大辞泉の解説

あに‐き【兄貴】

兄を敬って、または、親しんでいう語。
若者・職人・やくざなどの間で、勢力があり、頭株(かしらかぶ)に推される者。「兄貴分」
年上の男。
「君は僕より―だし、経験にも富んどるし」〈紅葉多情多恨
[補説]「あにぎみ」の音変化か。「貴」は当て字。書名別項。→兄貴

あにき【兄貴】[書名]

今江祥智の自伝的長編小説昭和51年(1976)刊行。昭和48年(1973)刊行の「ぼんぼん」の続編。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

兄貴

今江祥智による児童文学作品。1977年刊行。同年、野間児童文芸賞受賞。戦中戦後の混乱期を生きる弟の姿を描く。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

あにき【兄貴】

〔「兄君」の転という〕
兄を親しんで、また敬っていう語。
若者・職人またはやくざなどの間で、年長の男、または勢力のある男。 「 -分」 「悪徒を集つどへ波之助は-と称へられ/高橋阿伝夜叉譚 魯文
自分より年長であること。また、年長の男。 「君は僕より-だし/多情多恨 紅葉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あに‐き【兄貴】

〘名〙 (「あにぎみ(兄君)」の変化した語か。「貴」は当て字)
① 兄を敬って、また、親しんでいう語。にいさん。
※俳諧・玉海集(1656)一「野と山の花のあにきや腹がはり〈知円〉」
※里芋の芽と不動の目(1910)〈森鴎外〉「お袋は早く兄きが内へ帰られるやうにといふので」
② 若者またはやくざ仲間などで年長の者、勢力のある者を呼ぶ語。
※咄本・聞上手三篇(1773)兄貴「なんと兄貴(アニキ)、あの卯月といふのが先か、彌生といふがさきでござるか」
③ 男が他の者より年長であること。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「君は僕より年長(アニキ)だし、経験にも富むどるし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兄貴の関連情報