コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立てり商ひ タテリアキナイ

デジタル大辞泉の解説

たてり‐あきない〔‐あきなひ〕【立てり商ひ】

米市で手元に米の現物がなく、思惑だけで売買すること。空米(くうまい)相場
「北浜の米市は…一刻の間に、五万貫目の―もあることなり」〈浮・永代蔵・一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たてりあきない【立てり商ひ】

〔現物を扱わずに、立ったままで売買することから〕
空米くうまい相場のこと。 「一刻の間に、五万貫目の-も有る事なり/浮世草子・永代蔵 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

立てり商ひの関連キーワード浮世草子米市

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android