立代(読み)たちかわり

精選版 日本国語大辞典の解説

たち‐かわり ‥かはり【立代】

〘副〙
① しきりに。何度も。たびたび。
※宇津保(970‐999頃)忠こそ「内裏(うち)より、おとど召す。おとど〈略〉参り給はず。たちかはり召すに、かしこまりて参り給ふ」
② 入れかわり立ちかわり。かわるがわる。
※増鏡(1368‐76頃)三「つぎつぎの御子どもも大臣などにて、たちかはり御前に絶えず物し給て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android