コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立会場 タチアイジョウ

3件 の用語解説(立会場の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たちあい‐じょう〔たちあひヂヤウ〕【立会場】

取引所で、売買取引を行う場所。場(ば)。たちあいば。→場立ち
[補説]日本では、コンピューターシステム化が進んだため廃止されている。

たちあい‐ば〔たちあひ‐〕【立会場】

たちあいじょう(立会場)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の立会場の言及

【証券市場】より

…組織的市場とは,大量の取引を円滑に成立させることをねらいとして,常時規則的に,一定の場所と施設を用いて,一定の人的組織と取引ルールのもとに開かれる取引の場である。証券取引所には立会場と呼ばれるスペースが設けられ,そこで多くの証券会社の売買担当者(場立(ばだち))が売買注文(顧客の注文と自社自身の注文)を執行し,契約を締結する。売買取引の方法には,多くの売買注文を同時に競合させて単一の約定値段を決定し,条件の合致する多くの注文をいっせいにその値段で契約させる方法(集団競争売買)と,条件の合致する売買注文を個別につけ合わせる方法(個別競争売買)がある。…

※「立会場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立会場の関連情報