コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立礼式 りゅうれいしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立礼式
りゅうれいしき

茶道の方式の一つで,テーブルと椅子を用いて茶をたてる椅子点前 (てまえ) 。略して立礼ともいう。明治4 (1871) 年に京都で開催された第1回京都博覧会の際,裏千家 11世玄々斎宗室が,外人客用に腰掛けて茶を飲めるようにと試みたのが始りという。各流派によって若干の相違はあるが,茶道具のほか,特に立礼用としては点茶盤 (点前台) ,喫架 (卓子) ,円椅 (腰掛) などが必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

りゅうれいしき【立礼式】

椅子いすに腰かけて行う茶道の点前てまえ形式。裏千家一一世玄々斎千宗室が、1872年(明治5)椅子の時代到来を予測して創設したもの。立礼。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

立礼式の関連キーワード都をどり

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android