コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰掛(け) コシカケ

デジタル大辞泉の解説

こし‐かけ【腰掛(け)】

腰を掛ける台。いす。
本来の希望を達するまでの間、一時ある職や地位に身を置くこと。「郷里に帰るまでの腰掛けに勤める」
江戸城内の番士詰め所
江戸時代、評定所奉行所で、訴訟人の控え所。
茶室の外の露地に設けた休憩所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

腰掛
こしかけ

日本で使われていた昔の座具の総称。それらの多くは背もたれのない台形のもので、儀式に使われた。形によって倚子(いし)、床子(しょうじ)、草(そうとん)、胡床(あぐら)、兀子(ごっし)などがあり、身分により使用区分が決まっていた。そのなかで天皇、皇太子が用いたのが御倚子で、現在正倉院や清涼殿にその原形がみられる。それには背もたれがつき、西洋の椅子(いす)と同じ形であったため、椅子が輸入された明治以降、腰掛と椅子は同義語として使われるようになった。西洋では背もたれのつくものをチェアchair、ないものをスツールstoolとよび区別しているが、腰掛はスツールにあたると考えてよい。現在の腰掛には1人用の床几(しょうぎ)のようなものから、3~4人が掛ける縁台風のものまで種々ある。茶道では、招客が露地入りして腰掛けて待つ場所を腰掛、または腰掛待合という。[小原二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

腰掛(け)の関連キーワードモニエ(Joseph Monnier)UB(ユニットバス)電気マッサージ器正法寺(新潟県)三階松・三蓋松待合(茶会)エクセドラ秋野平次郎石製模造品腰掛茶屋器財埴輪切っ立つサッカラバウレ族江戸時代チェストスツールこたつ草とん腰掛松

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android