コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花鑑通 たちばな あきなお

1件 の用語解説(立花鑑通の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花鑑通 たちばな-あきなお

1730*-1798* 江戸時代中期-後期の大名。
享保(きょうほう)14年12月2日生まれ。立花貞俶(さだよし)の3男。立花貞則の養子となり,延享3年筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩主立花家7代。宝暦8年官制改革をおこなった。寛政9年12月9日死去。69歳。通称は左京大夫

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立花鑑通の関連キーワード江村如圭前古典派音楽本居宣長目黒道琢オファイトアラブ文学ゴヤ(年譜)働く親と学童保育先物取引徳川宗春(1696~1764)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone