コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜煕近 りゅう ひろちか

1件 の用語解説(竜煕近の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜煕近 りゅう-ひろちか

1616-1693 江戸時代前期の神道家。
元和(げんな)2年生まれ。伊勢神宮外宮(げくう)の御師(おんし)の家に生まれ,仏教を了慧(りょうえ),玄心,隠元隆琦(りゅうき)らにまなぶ。「神国決疑編」をあらわし,伊勢神道のなかの仏教的要素を指摘した。元禄(げんろく)6年8月2日死去。78歳。姓は竜野(たつの)とも。通称は伝左(右)衛門。号は尚舎,道旦,生白。著作はほかに「神代巻評註」「古語拾遺言余抄」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竜煕近の関連キーワード松平光長大和(町)本多正信坂崎直盛後金三条藩高田藩日光東照宮日韓中高生交流事業

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone