コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢神道 いせしんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊勢神道
いせしんとう

伊勢外宮の神官度会氏の創始した神道説。外宮神道度会神道,社宮神道ともいう。平安末期に神仏習合の影響のなかで発生し,鎌倉から南北朝時代にかけ,度会行忠,家行らにより『神道五部書』を中心とし,儒仏2教を摂取して組織的に大成した。江戸時代には,さらに神儒一致の傾向を強くし,日本的自覚の思想が強まった。外宮の祭神であるトユケノオオカミをアメノミナカヌシノカミ,クニノトコタチノミコトと説き,内宮のアマテラスオオミカミとの二宮一致の教義を立て,内外両宮の歴史的権威と宗教性を説く。また,アマテラスオオミカミの神託として,各人の生活の清浄や,正直の心を尊ぶことを教える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

伊勢神道【いせしんとう】

伊勢外宮(げくう)の度会(わたらい)氏により唱えられた神道説。度会神道,外宮(げくう)神道ともよばれる。鎌倉末期に成立。《神道五部書》や度会家行の《類聚神祇(るいじゅうじんぎ)本源》は教説の代表書。
→関連項目天御中主神伊勢神宮神道垂加神道度会家行

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いせしんとう【伊勢神道】

伊勢神宮に基盤を置いて形成された神道説で,度会(わたらい)神道とも外宮(げくう)神道ともよばれる。鎌倉時代に形成されたものに限るときは,これを前期伊勢神道,江戸時代のに限るときは後期伊勢神道とよぶことがある。一般に鎌倉時代には各大社がその由緒をもとに,仏教や陰陽道の教説をまじえて独自の神道説を編み出そうとした。伊勢神宮でも,鎌倉初期以来武士の神領奉献,僧侶の参詣が相ついでおこなわれ,種々の刺激を受けた結果,律令制下ではもともと神宮は仏法を禁忌する定めであったにもかかわらず,鎌倉時代後期には,神宮の神徳は広大で,〈我国の仏法偏(ひとえ)に太神宮の御守護によれり〉との主張が神官によりなされるに至った(《沙石集》)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いせしんとう【伊勢神道】

(復古神道・両部神道などに対して)伊勢神宮の外宮げくうの神主、度会わたらい氏がとなえた神道説。神道五部書を基として儒仏の説をとり入れ、鎌倉末期頃から発展、以後の諸神道説の先駆をなした。度会神道。外宮神道。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊勢神道
いせしんとう

中世の初期から中期にかけて、伊勢の豊受大神宮(とようけだいじんぐう)(外宮(げくう))を基盤として形成された神道説およびその流派。外宮神道とも、また外宮の神職(祠官(しかん))度会(わたらい)氏の人々が説いたので度会神道ともいう。この派の経典的な書に『天照坐(あまてらします)伊勢二所皇太神宮御鎮座次第記』(略して『御鎮座次第記』)、『伊勢二所皇太神宮御鎮座伝記』(御鎮座伝記)、『豊受皇太神宮御鎮座本記』(御鎮座本記)、『造伊勢二所太神宮宝基本記』(宝基本記)、『倭姫命(やまとひめのみこと)世記』(記は紀とも一部書く)などがあり、後年これらを「神道五部書」と総称した。それらの内容は内外両宮の起源由来を主としているが、そのなかに主張や教説を織り込んでいる。天地開闢(かいびゃく)の神々から説き起こし、天照大神(あまてらすおおみかみ)、豊受大神(とようけおおみかみ)が伊勢内外両宮に鎮座するに至る次第、様相からその神徳、両神の関係、社殿の構えや宝器などの事柄を記し、また鎮座の際、大神の託宣に従って重用な役を果たした倭姫命の業績を詳記している。そのうちの『御鎮座次第記』『同伝記』『同本記』は古来の縁起的色彩が濃く、『宝基本記』『倭姫命世記』は神道の理念や教義的言説が多い。これらには『日本書紀』をはじめ古典に拠(よ)るもののほかに独得の古伝に拠るとみられるものがあり注目される。またこれらの書が形成される意図にはおよそ二つの面が指摘される。
 第一には、内宮と外宮のことを同等に説き、両神格に格差をつけず、食物の神たる豊受大神をもっとも根本的な神として位置づけ、外宮の地位を内宮に劣らず高めようとする意図がうかがわれる。第二には、古典や古伝を駆使して、天照大神やその神道は日本開闢以来、根本的な固有のものであることを示そうとしている点にある。これは当時の神仏習合、本地垂迹(ほんじすいじゃく)説に対する反発を暗に意味するもので、そのために神道、神、人とは何かをも簡明に説き、一種の神学、思想をなしている。この一派には、五部書に拠りつつ自説を進めた度会家行(いえゆき)、度会常昌(つねよし)、北畠親房(きたばたけちかふさ)、慈遍(じへん)らがおり、仏教や儒教の説、用語も自在に応用して詳細に主張を展開した。彼らの学説は、神道史上画期的な一出発の趣(おもむき)をなし、また、中世末の吉田神道、近世初期の儒家(じゅけ)神道など後世の神道説に与えた影響も大きい。[小笠原春夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の伊勢神道の言及

【神道】より

…中でも〈祝詞〉は,重要な教典といえよう。 中世に入って神道説の形成が進むと,空海などに仮託した教典が続々と生み出されたが,その中で伊勢神道の教典として作られた〈神道五部書〉は,その後の神道説に大きな影響を与えた。また古代末以来,各地の神社でさかんに作られた神社の縁起は,民俗的な神道の教典であり,それらの中には絵解きや説経などの芸能と結びついたり,絵巻や草子などに形を整えられたりして,広く知られるようになったものも少なくない。…

【本地垂迹】より

…同時にそこから和光神明の慈悲利益(りやく)をはなれては仏法も成り立ち難く,釈迦も神祇の化儀なりとする神本仏迹の思想(反本地垂迹説)があらわれた。かくて天台・真言の顕密仏教から神道理論を構成する者があらわれ,天台では日吉社の山王一実神道,真言では大和の三輪神道や伊勢外宮を中心とする伊勢(度会)神道が発生した。伊勢神道は密教の胎蔵・金剛両曼荼羅を中心とする二元観をもって内宮・外宮の関係を説き,《神道五部書》をつくり,密教のみならず道教,陰陽道などさまざまの思想を混合して伊勢信仰の権威づけと神秘化をはかり神本仏迹説の奥儀を示した。…

【両部神道】より

…叡尊は大御輪寺を中興して1285年(弘安8)に三輪寺と改めたが,これ以前から三輪流神祇灌頂が行われており,三輪神道が両部神道の中で最も古いとされている。しかし1283年成立の《沙石集》によれば,〈内宮外宮ハ両部ノ大日トコソ習伝ヘテ侍ベレ〉とか,〈内宮ハ胎蔵ノ大日〉〈外宮ハ金剛界ノ大日〉と説いているから,伊勢神道と両部神道の結合が比較的早かったことを物語っている。伊勢神道は《神道五部書》をその理論的基礎とし,後の神道理論に大きな影響を与えたが,両部神道の代表的理論書である《麗気記(れいきき)》18巻もその顕著な例である。…

※「伊勢神道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊勢神道の関連キーワード伊勢太神宮参詣記類聚神祇本源禁河十二部書太神宮参詣記中臣祓訓解通海参詣記藤波神道復古神道社家神道一実神道度会常彰度会常昌神道講釈度会延佳中川経晃陽復記竜煕近神道集元元集慈遍

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊勢神道の関連情報