コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠元隆琦 いんげんりゅうきYin-yuan Long-qi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隠元隆琦
いんげんりゅうき
Yin-yuan Long-qi

[生]万暦20(1592).11.4. 福州,福清
[没]寛文13(1673).4.3. 宇治
中国,明末の僧,日本黄檗宗の開祖。本名は曾へい (そうへい) ,子房と号し,僧名を隠元,名を隆 琦といった。家貧しく農耕,きこりを業としているうちに若くして母を失った。母の没後,29歳で黄檗山万福寺の鑑源興寿について出家,各地を修行行脚ののち臨済宗を学び,万福寺費隠の跡を継ぎ,承応3 (1654) 年,63歳で長崎興福寺の逸然 (いつねん) の招きにより来朝するまで,臨済禅の宣揚に努めた。来日後は初め興福寺,さらに崇福寺を中心に講苑を開き,明暦1 (55) 年摂津富田の普門寺に入り,万治1 (58) 年には江戸で将軍徳川家綱に謁見した。京都でも後水尾天皇の母中和門院に仕えた文英尼の帰依を受け,同尼を通して,天皇はじめ公家の信望を得,同2年には後水尾天皇より宇治に地を賜わり,家綱の上旨もあって寛文3 (63) 年1月黄檗山万福寺を開いた。のち住持の席を木庵 (もくあん) に譲り,隠元は晩年を寺内の松隠堂でおくるが,多くの帰依を受けて寺域は拡張した。 82歳で示寂。特に後水尾上皇から大光普照国師の号を賜わった。なお弟子の木庵,鉄牛らとともに関東地方にも黄檗宗を伝えた。黄檗三筆の一人。おもな著作に『黄檗山志』『扶桑会録』がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隠元隆琦 いんげん-りゅうき

1592-1673 明(みん)(中国)の僧。
万暦20年11月4日生まれ。日本黄檗(おうばく)宗の祖。承応(じょうおう)3年逸然性融(いつねん-しょうゆう)らの招きで来日。山城(京都府)宇治に土地をあたえられ,万福寺をひらく。建築,書画,詩文,料理などに明の文化をもたらした。寛文13年4月3日死去。82歳。福建省出身。号は大光普照国師。諡号(しごう)は仏慈広鑑国師など。語録に「隠元禅師語録」,著作に「黄檗清規」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の隠元隆琦の言及

【禅宗美術】より

…江戸時代初期に渡来した黄檗(おうばく)宗も臨済宗の一派であるが,ラマ教などの影響が顕著で,宇治の万福寺天王殿にみられる濃厚華麗な造形感覚を特色とする。隠元隆琦(りゆうき),木庵性瑫(しようとう)(1611‐68)の画像と書画は従来の日本禅宗美術に比していっそう大陸的で,近世美術の展開に及ぼした影響は大きい(黄檗美術)。禅画墨跡【衛藤 駿】。…

※「隠元隆琦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

隠元隆琦の関連キーワード美濃屋太郎左衛門南源性派了翁道覚即非如一潮音道海独吼性獅木庵性瑫月舟宗胡普茶料理道者超元高泉性潡独立性易鉄眼道光大眉性善竜渓性潜独本性源凌雲道体悦山道宗慧林性機青木重兼

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android