コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠元隆琦 いんげんりゅうき Yin-yuan Long-qi

2件 の用語解説(隠元隆琦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隠元隆琦
いんげんりゅうき
Yin-yuan Long-qi

[生]万暦20(1592).11.4. 福州,福清
[没]寛文13(1673).4.3. 宇治
中国,明末の僧,日本黄檗宗の開祖。本名は曾へい (そうへい) ,子房と号し,僧名を隠元,名を隆 琦といった。家貧しく農耕,きこりを業としているうちに若くして母を失った。母の没後,29歳で黄檗山万福寺の鑑源興寿について出家,各地を修行行脚ののち臨済宗を学び,万福寺費隠の跡を継ぎ,承応3 (1654) 年,63歳で長崎興福寺の逸然 (いつねん) の招きにより来朝するまで,臨済禅の宣揚に努めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

隠元隆琦 いんげん-りゅうき

1592-1673 明(みん)(中国)の僧。
万暦20年11月4日生まれ。日本黄檗(おうばく)宗の祖。承応(じょうおう)3年逸然性融(いつねん-しょうゆう)らの招きで来日。山城(京都府)宇治に土地をあたえられ,万福寺をひらく。建築,書画,詩文,料理などに明の文化をもたらした。寛文13年4月3日死去。82歳。福建省出身。号は大光普照国師。諡号(しごう)は仏慈広鑑国師など。語録に「隠元禅師語録」,著作に「黄檗清規」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の隠元隆琦の言及

【禅宗美術】より

…江戸時代初期に渡来した黄檗(おうばく)宗も臨済宗の一派であるが,ラマ教などの影響が顕著で,宇治の万福寺天王殿にみられる濃厚華麗な造形感覚を特色とする。隠元隆琦(りゆうき),木庵性瑫(しようとう)(1611‐68)の画像と書画は従来の日本禅宗美術に比していっそう大陸的で,近世美術の展開に及ぼした影響は大きい(黄檗美術)。禅画墨跡【衛藤 駿】。…

※「隠元隆琦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

隠元隆琦の関連キーワード王仲山万暦赤絵万暦万暦窯本当にあった(生)ここだけの話《万暦会典》《万暦続蔵》万暦の三大征万暦の四大師万暦版大蔵経

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隠元隆琦の関連情報