竜蟠虎踞(読み)りゅうばんこきょ

四字熟語を知る辞典「竜蟠虎踞」の解説

竜蟠虎踞

がとぐろを巻き、がうずくまるように、ある場所を根拠地として威勢を振るうこと。

[活用] ―する。

[使用例] 関西大地主として、摂播の間に竜虎踞するの伊藤家を作り出した所以であろう[留岡幸助*神の委托事業|1910]

[解説] 「蟠」はとぐろをまくこと。「踞」はうずくまること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android