コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜蟠虎踞 リュウバンコキョ

デジタル大辞泉の解説

りゅうばん‐こきょ【竜×蟠虎×踞】

《竜がわだかまり、虎がうずくまる意》
ある地所を根拠地にして威勢を振るうこと。
「海宇に―するも」〈吉岡徳明・開化本論〉
地勢要害堅固なこと。

りょうばん‐こきょ【×蟠虎×踞】

りゅうばんこきょ(竜蟠虎踞)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうばんこきょ【竜蟠虎踞】

〔竜がとぐろを巻き、虎がうずくまる意〕
豪傑が根拠地をかまえて威勢を振るうこと。 「 -して将に風雲を齎もたらさんとし/復活 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竜蟠虎踞の関連キーワード虛・去・嘘・噓・墟・居・巨・拒・拠・挙・據・擧・渠・炬・虚・許・距・踞・遽・醵・鋸吉岡徳明地所威勢海宇魯庵

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android