コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉岡徳明 よしおか のりあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉岡徳明 よしおか-のりあき

1829-1898 幕末-明治時代の国学者。
文政12年生まれ。はじめ天台宗の僧。平田篤胤(あつたね)の著書に感動し,還俗(げんぞく)して常陸(ひたち)(茨城県)にゆき,国学者となる。明治維新後,各地の神職をへて,神道事務局の教授となり,のち修史館につとめた。明治31年6月10日死去。70歳。江戸出身。著作に「古事記伝略」「開化本論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉岡徳明の関連キーワード竜蟠虎踞称述顕晦連環愚蒙奉上疑似挟持燼滅臣従発遣余烈要具宴安服事心操誠忠浅陋委悉精論