要害(読み)ヌミ

デジタル大辞泉の解説

ぬみ【要害/要】

攻防上で重要な地点。要衝。ぬま。
「賊虜(あだども)の拠(を)る所は皆是―の地(ところ)なり」〈神武紀〉
たいせつなこと。要点。ぬま。
「機(はかりこと)の―を宣示(のたまひしめ)して先づ当郡の兵を発せ」〈天武紀〉

よう‐がい〔エウ‐〕【要害】

地形がけわしく守りに有利なこと。また、その場所。「―の地」「―堅固な城」
戦略上、重要な場所に築いたとりで。要塞(ようさい)。「天然の―」
防御すること。用心すること。
「お侍様方の二腰は身の―」〈浄・千本桜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ようがい【要害】

防御・戦闘性に富んでいること,またはそうした場所を表す語で,〈要害の地〉〈要害堅固〉などと用いるが,中世城郭用語としては,ある種の城を指す場合と,城内の特定部分を指す場合とがある。前者(取出),堡などと同じく,居城や根小屋置して,臨時に詰める戦闘本位の城郭を呼ぶ場合に用いる。後者は〈城中ノ要害〉(《難波戦記》),〈取出の要害〉(《家忠日記》)のように,城の内部でとくに戦闘機能の高い区画を指した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よう‐がい エウ‥【要害・用ヨウ害】

〘名〙
① (味方にとっては要で敵には害となるの意) 地勢がけわしく、守りやすく攻めにくい所。
※続日本紀‐大宝二年(702)一〇月丁酉「於国内要害之地。建柵置戍守之」 〔史記‐始皇帝本紀〕
② ①のような地点に築いた城塞。また一般に、堅固な要塞。とりで。また、その防備。
※吾妻鏡‐養和元年(1181)三月一三日「相待平氏襲来。就中。請命向橋本。欲要害之間。召人夫之処」
③ からだの中で命にかかわる大切なところ。急所。〔後漢書‐来歙伝〕
④ (━する) 防御のための設備をすること。そなえておくこと。用心すること。
※虎寛本狂言・鼻取相撲(室町末‐近世初)「『鼻に要害を致ては何とでござらう』『是は一段と能(よか)らう。急いで要害をして呉(くれ)い』」
⑤ 必要の場合にそなえて支度すること。用意すること。また、そのもの。
※歌舞伎・綴合新著膝栗毛(1863‐80)二幕「毎年牡丹餠を拵(こしら)へるから、砂糖の要害(エウガイ)でもせずばなるめえ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の要害の言及

【城】より

… 国人領主の山城は,麓の館(根小屋(ねごや))とセットになっているのが普通である。館が平時の居住施設であるのに対して,山城は戦時に詰める軍事施設(要害)である。南北朝期の山城が広域の戦略上の必要から高くて不便な山に築かれたのに対して,室町時代の国人の山城は,所領支配の拠点という在地に密着した性格を持っていたので比較的低く(多くは比高100m台),集落と連絡しやすい山に築かれた。…

※「要害」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android