コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

要害/要 ヌミ

デジタル大辞泉の解説

ぬみ【要害/要】

攻防上で重要な地点。要衝。ぬま。
「賊虜(あだども)の拠(を)る所は皆是―の地(ところ)なり」〈神武紀〉
たいせつなこと。要点。ぬま。
「機(はかりこと)の―を宣示(のたまひしめ)して先づ当郡の兵を発せ」〈天武紀〉

よう‐がい〔エウ‐〕【要害】

地形がけわしく守りに有利なこと。また、その場所。「―の地」「―堅固な城」
戦略上、重要な場所に築いたとりで。要塞(ようさい)。「天然の―」
防御すること。用心すること。
「お侍様方の二腰は身の―」〈浄・千本桜

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ようがい【要害】

防御・戦闘性に富んでいること,またはそうした場所を表す語で,〈要害の地〉〈要害堅固〉などと用いるが,中世の城郭用語としては,ある種の城を指す場合と,城内の特定部分を指す場合とがある。前者は砦(取出),堡などと同じく,居城や根小屋に対置して,臨時に詰める戦闘本位の城郭を呼ぶ場合に用いる。後者は〈城中ノ要害〉(《難波戦記》),〈取出の要害〉(《家忠日記》)のように,城の内部でとくに戦闘機能の高い区画を指した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ようがい【要害】

険しい地形で、敵の攻撃を防ぐのに便利なこと。また、その土地。 「 -の地」
城塞。城郭。とりで。 「天然の-」
防御をかためること。用心すること。 「様体みるに厳しく-して/浮世草子・武道伝来記 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の要害/要の言及

【城】より

… 国人領主の山城は,麓の館(根小屋(ねごや))とセットになっているのが普通である。館が平時の居住施設であるのに対して,山城は戦時に詰める軍事施設(要害)である。南北朝期の山城が広域の戦略上の必要から高くて不便な山に築かれたのに対して,室町時代の国人の山城は,所領支配の拠点という在地に密着した性格を持っていたので比較的低く(多くは比高100m台),集落と連絡しやすい山に築かれた。…

※「要害/要」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

要害/要の関連キーワード一夫関に当たれば万夫も開くなし宮城県亘理郡山元町坂元宮城県柴田郡柴田町船岡宮城県伊具郡丸森町金山宮城県亘理郡亘理町旧舘宮城県登米市迫町佐沼宮城県角田市角田切所・殺所・節所ミュケナイ文明繋ぎ城・繫ぎ城竜蟠虎踞南山不落エブス人山河襟帯浮世草子平型関箱根峠佐和山ケイラ杣山城

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android