コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜門様式 りゅうもんようしき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竜門様式
りゅうもんようしき

中国の竜門石窟の造像様式。北魏は洛陽遷都後に竜門石窟を開いたが,その様式はインド風が影をひそめ,中国風全盛となって,そのまま南北朝を通じての基本的な様式として定着した。最も古い古陽洞では古い伝統も残すが,賓陽洞や蓮華洞になると竜門独自の特色が現れてくる。賓陽洞本尊は華麗な光背を背に,裳裾は台座の前に垂下して裳掛座 (もかけざ) を形成し,顔には古拙の微笑 (→アルカイック・スマイル ) をたたえている。竜門の仏像は痩身細面で目鼻立ちは鋭く,全体に扁平で肉体よりも仏衣の表現が重視され,衣文 (えもん) は繁雑で抽象化している。そのために内観的,神秘的雰囲気の仏像が多い。石質の堅緻な竜門では仏像の彫りは細かい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

竜門様式の関連キーワード響堂山石窟

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android