コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

童蒙頌韻 ドウモウショウイン

デジタル大辞泉の解説

どうもうしょういん〔ドウモウシヨウヰン〕【童蒙頌韻】

平安後期の韻書三善為康著。天仁2年(1109)成立。詩作に便利なように、漢字の平声の文字を配列し、4字句にして音訓を施したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうもうしょういん【童蒙頌韻】

韻書。三善為康著。1109年成立。平声の文字を韻別にまとめ四字ずつの句にし、音訓を施し、暗誦に便利なようにしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

童蒙頌韻の関連キーワード暗誦

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android