音訓(読み)オンクン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 漢字の音と義。音義。
※江吏部集(1010‐11頃)中・述懐古調詩一百韻「十六奉寮試、音訓無愆」 〔晉書‐徐邈伝〕
② 漢字の字音と和訓。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「申(まをす)を『もうす』(訓)興立(かうりふ)を『こうりう』(音)と書(かけ)る類(たぐひ)すべて婦女子の読易きを要とすれば音訓(オンクン)ともに仮字(かな)つかひを正さず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の音訓の言及

【釈名】より

…その当時の字音の体系や,当時の人のものの考え方をうかがう資料としても重要である。なお,こうした字音の類似に頼る訓詁法は音訓もしくは声訓と呼ばれる。《釈名》は音訓を利用した字書である。…

※「音訓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

音訓の関連情報