端銭(読み)ハシタゼニ

精選版 日本国語大辞典の解説

はし‐ぜに【端銭】

俳諧・渭江話(1736)一「出替の誰々は最ふ片づきて たばこ入にも残るはし銭」

はした‐ぜに【端銭】

仮名草子仁勢物語(1639‐40頃)上「古巾著に、いとはしたぜにもあらざりければ」

はした‐せん【端銭】

は‐せん【端銭】

〘名〙 はしたの金銭。はしたがね。はしたぜに。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる