コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端金 ハシガネ

デジタル大辞泉の解説

はし‐がね【端金】

物のにつける金属金具

はした‐がね【端金】

ある額に達しない半端な金銭。ごくわずかな金銭。はしたぜに。「こんな端金では役立たない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はしがね【端金】

道具類の先端や角などを保護するためにかぶせる金属。

はたがね【端金】

木工用締め付け具の一。金属製の角棒の両端にあごを設け、ねじで固定するもの。板類の木端こばはぎなどに用いる。大型のものをバー-クランプという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

端金の関連キーワードハシキンメクランプあご両端ねじ先端

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端金の関連情報