コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端金 ハシガネ

デジタル大辞泉の解説

はし‐がね【端金】

物のにつける金属金具

はした‐がね【端金】

ある額に達しない半端な金銭。ごくわずかな金銭。はしたぜに。「こんな端金では役立たない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はしがね【端金】

道具類の先端や角などを保護するためにかぶせる金属。

はたがね【端金】

木工用締め付け具の一。金属製の角棒の両端にあごを設け、ねじで固定するもの。板類の木端こばはぎなどに用いる。大型のものをバー-クランプという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

端金の関連キーワードハシキンメクランプあご両端ねじ先端

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端金の関連情報