競呉服・糶呉服(読み)せりごふく

精選版 日本国語大辞典「競呉服・糶呉服」の解説

せり‐ごふく【競呉服・糶呉服】

行商人が持って売り歩く呉服。また、その行商人。
※談義本・花菖蒲待乳問答(1755)一「商の道自然と賢く、世利(セリ)ごふくより段段しだし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android