竹中 繁(読み)タケナカ シゲ

20世紀日本人名事典「竹中 繁」の解説

竹中 繁
タケナカ シゲ

明治〜昭和期のジャーナリスト 元・朝日新聞記者。



生年
明治8年11月1日(1875年)

没年
昭和43(1968)年10月29日

出生地
東京・神田淡路町

本名
竹中 シケ

別名
別名=竹中 繁子(タケナカ シゲコ)

学歴〔年〕
女子学院高等部〔明治28年〕卒

経歴
司法省の役人だった父の方針で、早くから英語教育を受ける。明治44年東京朝日新聞に同社初の女性記者として入社。通報員として学芸部で主に女性問題を担当。昭和5年退社。一方、婦人運動家の市川房枝親交を結び、大正9年市川、平塚明子、奥むめおが発起人となった結成した新婦人協会の初会合にも出席。以後市川の活動に多大の支援を続けた。中国の女性解放運動にも詳しく、中国留学生の世話もした。遺言により遺産は老人福祉のための基金に。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android