コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市川房枝 いちかわふさえ

7件 の用語解説(市川房枝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市川房枝
いちかわふさえ

[生]1893.5.15. 愛知
[没]1981.2.11. 東京
婦人運動家,政治家。1920年3月28日,上野精養軒新婦人協会平塚らいてうらと発会させ,以来女権拡張のために活躍した。1924年久布白落実(くぶしろおちみ)らとともに婦人参政権獲得期成同盟会を発足(1925婦選獲得同盟と改称)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いちかわ‐ふさえ〔いちかは‐〕【市川房枝】

[1893~1981]婦人運動家・政治家。愛知の生まれ。平塚らいてう新婦人協会を設立し、婦人参政権獲得のために活躍。第二次大戦後、新日本婦人同盟を結成。昭和28年(1953)参議院議員となり、売春防止法制定・政界浄化などに尽力。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

市川房枝【いちかわふさえ】

婦人運動家,政治家。愛知県出身。愛知女子師範卒。小学校教員,新聞記者を経て1920年平塚らいてう新婦人協会を設立し,以後婦人参政権獲得や女性解放のため活動する。
→関連項目青島幸男菅直人久布白落実俵萌子二院クラブ婦人参政権獲得期成同盟会山高しげり

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市川房枝 いちかわ-ふさえ

1893-1981 大正-昭和時代の社会運動家,政治家。
明治26年5月15日生まれ。大正8年友愛会にはいり,9年平塚らいてうらと新婦人協会を設立,婦人参政権運動をすすめる。戦後,昭和20年新日本婦人同盟(現日本婦人有権者同盟)を結成。28年参議院議員(当選5回)。昭和56年2月11日死去。87歳。愛知県出身。愛知女子師範(現愛知教育大)卒。著作に「市川房枝自伝」(戦前編),「私の婦人運動」。
【格言など】やはりもう一度女に生まれて,婦人運動をしなければならないね

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いちかわふさえ【市川房枝】

1893‐1981(明治26‐昭和56)
婦人運動家,政治家。愛知県の農家に生まれ,愛知女子師範学校卒業。小学校教員,新聞記者を経て1919年友愛会に入り,労働婦人問題にとりくんだ。同年末新婦人協会結成に参画して実際運動にのりだし,21年には渡米して苦学しつつ婦人問題の研究に励んだ。帰国後はILO東京支局につとめ,24年婦人参政権獲得期成同盟会を結成,以後は婦人参政権獲得のため運動ひとすじの道を歩んだ。戦後は一時公職追放になったが,45年に新日本婦人同盟(現,日本婦人有権者同盟)を組織し,女性の政治教育,地位向上に献身した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いちかわふさえ【市川房枝】

1893~1981) 婦人運動家・政治家。愛知県生まれ。平塚らいてうらと新婦人協会を創立し、婦人参政権獲得に尽力。第二次大戦後、新日本婦人同盟(現、日本婦人有権者同盟)を組織、理想選挙を唱え、1953年から五回参議院選挙に当選。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市川房枝
いちかわふさえ
(1893―1981)

政治家、社会運動家。明治26年5月15日愛知県に生まれる。愛知女子師範学校卒業後、小学校教員、新聞記者を経歴。1918年(大正7)上京、1919年友愛会婦人部に入り、婦人労働者大会で活躍。1920年平塚らいてうらと新婦人協会を設立した。1921年渡米しアメリカ女性問題労働問題を研究。1924年帰国してILO(国際労働機関)東京支局に4年間勤務。また同年婦人参政権獲得期成同盟会(1925年婦選獲得同盟と改称)を結成、1940年(昭和15)の解散までこの運動に取り組んだ。この間、市政浄化運動、選挙粛正運動などにも力を入れた。第二次世界大戦期には女性運動リーダーとして国民精神総動員運動大政翼賛会の活動に従事した。戦後、新日本婦人同盟(1950年日本婦人有権者同盟と改称)を組織、一時公職追放にあったが、解除後1950年(昭和25)会長となった。1953年参議院選挙に無所属で出馬し当選。以後1959年、1965年と連続当選、1962年には第二院クラブを結成。1971年落選したが、1974年(全国区第2位)、1980年(全国区第1位)当選。この間、理想選挙、政治浄化の先頭にたって活躍。「実践一路」の人であった。昭和56年2月11日死去。[北河賢三]
『『市川房枝自伝 戦前編』(1974・新宿書房) ▽『市川房枝集』1~8巻、別巻(1994・日本図書センター) ▽「市川房枝というひと」刊行会編『市川房枝というひと』(1982・新宿書房) ▽児玉勝子著『覚書・戦後の市川房枝 市川房枝伝・戦後編』(1985・新宿書房) ▽市川ミサオ著、市川房枝記念会編『市川房枝おもいで話』(1992・日本放送出版協会) ▽菅原和子著『市川房枝と婦人参政権獲得運動――模索と葛藤の政治史』(2002・世織書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の市川房枝の言及

【新婦人協会】より

…大正時代に婦人の社会的・政治的地位の向上を求めて活動した婦人団体。1919年(大正8)11月平塚らいてうが呼びかけ,市川房枝奥むめおらが応じて,20年3月発会式。男女の機会均等,家庭の社会的意義の闡明(せんめい),婦人・母・子どもの権利擁護を綱領に掲げ,最初の運動として,女子の政治的活動を封じている治安警察法5条の改正と花柳病にかかった男子の結婚制限問題にとりくんだ。…

※「市川房枝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

市川房枝の関連キーワード婦人運動神近市子運動家加藤シヅエ奥むめお山高しげり大石ヨシエ小堀寅吉坂本真琴米山久子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市川房枝の関連情報