竹本 むら太夫(8代目)(読み)タケモト ムラタユウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成 の解説

竹本 むら太夫(8代目)
タケモト ムラタユウ


職業
義太夫節太夫(文楽)

専門
人形浄瑠璃

本名
佐々木 亀次郎

別名
前名=竹本 栄太夫,竹本 春栄太夫(2代目)

生年月日
天保14年

出生地
大坂(大阪府)

経歴
明治8年5代目竹本春太夫に弟子入り、栄太夫を名乗る。10年2代目竹本越路太夫(竹本摂津大掾)門下となり、16年2代目春栄太夫。20年8代目むら太夫を襲名。大正3年舞台を退いた後は頭取となった。

没年月日
大正10年 2月10日 (1921年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

インボイス

送り状。船荷証券,海上保険証券などとともに重要な船積み書類の一つで,売買契約の条件を履行したことを売主が買主に証明した書類。取引貨物の明細書ならびに計算書で,手形金額,保険価額算定の基礎となり,輸入貨...

インボイスの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android